ストレッチについて


今日はストレッチについて書きたいと思います。

皆さんストレッチはしたことありますよね。
ではどんな時にストレッチをしてますか?

きっと皆さんは運動する前だと答える方が多いでしょう。
中学・高校の部活では「怪我をしないように」と
動く前に入念にストレッチをすると思います。

しかし、それをすることによって、運動パフォーマンス低下します。
筋力が低下するので、動きに遅れが出たりと
パフォーマンスが向上することはないといっていいでしょう。

しかし、短距離走、長距離走などの「走る」ということに関しては
マイナスになるという結果は出ていないそうです。

では、全くストレッチをしないのか?というとそうではありません!!

30秒以下だとマイナスにはならない、というようなデータがあります。
たったそれだけでも、筋肉はほぼ伸びきっているそうです。

なので100%伸ばそうと思って、時間をかけてパフォーマンス低下になるよりも
短い時間で伸ばしてプレーする方が良いですよね。

簡単にまとめると・・・

運動前は軽く体を動かしてプレーする方が、パフォーマンスは向上する、
今までのストレッチはプレー前ではなく、プレー後のダウンの時にしましょう。

心あたりのある方は、ぜひ気をつけてみてください。

※ホントに体の硬いかたは、軽くストレッチはしてくださいね、
   怪我が一番怖いですから。

都賀駅前整骨院

 


●このページに関連する内容は以下にもあります。

[ 2012年11月30日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る