胸郭出口症候群


胸郭出口症候群とはどんな病気か?

鎖骨周辺で、腕や手指に行く神経が、
腕や手指に行く血管とともに圧迫されて起こる病気です。
腕や手指にしびれやだるさ・痛みなどが現れ、
首が長くなで肩女性に多く、姿勢が大きく影響します。

神経と血管の流れが悪くなるんですね!!

では胸郭出口症候群の原因は何か??
鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因は?

1、首の筋肉の間で圧迫されると、斜角筋症候群
2、鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると、肋鎖症候群
3、胸の筋肉に圧迫されると、小胸筋症候群
4、本来ない余分な肋骨で圧迫されると、頸肋症候群

これらをまとめて胸郭出口症候群なんです。

では治療は???

病院では、神経血管の通りみちを邪魔している
筋肉・余分な骨を切除する手術を行い、リハビリを行います。

整骨院では、それらの筋肉を
電気・マッサージ・はりきゅう・ストレッチなどで緩めて
その人本来の正しい姿勢に戻し、再発予防のために生活指導をしていきます。

ちなみに胸郭出口症候群の治療も当院では行っております!!!
姿勢全身矯正と整骨治療を併用しながら、
徹底的に姿勢をばっちり改善していきます!!

猫背、骨盤の歪み、首の症状お任せ下さい!!

 
都賀駅前整骨院
千葉市若葉区都賀3-4-1
TEL043-235-5260

 


●このページに関連する内容は以下にもあります。

[ 2013年12月10日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る