側わん症(側弯症)|都賀駅

側わん症(側弯症)

正式には、脊椎側彎症(せきついそくわんしょう)といいます。
お子様の姿勢気になっていませんか?
小さなお子様の場合、保護者の方と一緒にお風呂に入る機会が多いので気づきやすいと思いますが思春期のお子様の場合、気づきにくいと思います。
原因としては、生活習慣の不良姿勢スポーツによる特異的な動き骨盤のゆがみによるもので小~中学生頃に発症する人が多く18歳くらいまで症状が進行します。

そこで、側わん症(側弯症)の見分け方をお教えします。

1.体の力を抜き、足を肩幅位に開き垂直に立ちます。
2.両手のヒラを体の前で合わせます。
3.肩の力を抜き両腕を前に垂らし膝を伸ばしたままゆっくりとお辞儀をします。

上の3点において次の事を確認してください。
 ・片側の肩甲骨が突出している。
 ・ウエストのくびれが左右非対称。
 ・片側の肩が高い。
 ・片側の背中や腰部が隆起している。

結果、左右に差が見られれば、側わん症(側弯症)の疑いがありますので当院にお気軽にご相談ください。

都賀駅前整骨院
千葉市若葉区都賀3-4-1
TEL043-235-5260

 


●このページに関連する内容は以下にもあります。

[ 2014年7月22日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る